日焼け止めの正しい塗り方とは

日焼けによるシミ、そばかす、シワなどを防止する目的で、使用されることが多いのが、日焼け止めです。日焼け止めは、最もポピュラーな、ローションタイプのものを始め、クリームタイプ、スプレータイプと、近年では、様々な形態の商品が販売されています。日常生活であれば、SPF値が20から30のものが好ましいと言われている日焼け止めですが、間違った塗り方で、塗布してしてしまうと、効果が半減してしまう、非常にデリケートなものでもあります。
日焼け止めは、正しい塗り方を実践することで、その効果を存分に発揮することができます。日焼け止めを塗る際に、大事なポイントの一つ目は、外出の30分前に塗布することです。日焼け止めが、肌になじむまでには、少し時間がかかります。そのため、外出する際には、前もって、日焼け止めを塗っておきましょう。大事なポイント二つ目は、古いものを使用しないことです。古いものは、成分が劣化している可能性が高いので、シーズンごとに使い切るようにしましょう。三つ目は、適切な量を使用することです。商品によっては、肌馴染みの良いものや、伸びが良いものなどがありますが、よく伸びるからと少量だけで済ませてしまっては、十分な効果を発揮することが出来ず、まだら模様に日焼けをしてしまう可能性もあります。もったいないからと、少量ずつ使用するのではなく、商品に記載している通り、適量を塗布するようにしましょう。四つ目は、全ての箇所にきっちりと塗布することです。耳の後ろ側や首、うなじ、手の甲や腕の内側、ふくらはぎや足の甲などは、特に塗り忘れがちなパーツです。露出の多い服装をされている際などは、特に注意するようにしましょう。五つ目は、日焼け止めの塗布前に、しっかりと保湿を行うことです。十分な保湿を行っていない肌に塗布すると、肌の乾燥を加速させてしまうことがありますので、塗布前には、化粧水や乳液などで、しっかりと保湿をしておきましょう。