日焼け止めの種類ごとの使用方法

日焼け止めにはクリーム、ジェルなどの種類があります。
パウダー、スプレー、ミルク、ローションなどもあります。
それぞれの特徴を踏まえて効果的に使ってください。
そのメカニズムにも種類があります。

そのメカニズム、紫外線を防ぐ方法は2種類あります。
1つは紫外線を反射させて肌に紫外線が届かないようにする方法です。
これによるものは紫外線散乱剤と呼ばれます。
もう1つは紫外線を吸収して肌を紫外線から守る方法です。
こちらによるものは紫外線吸収剤と呼ばれます。
紫外線散乱剤は、ファンデーションの原料として使われることもある、肌に負担をあまりかけないものです。
そのファンデーションを付ければ日焼けを防ぐことができるでしょう。
紫外線吸収剤については、有機化合物が原料のものです。
遮断効果が非常に高いものです。
紫外線吸収剤は付け心地がすごく良いものになります。
日焼け止めにはPAなどと書かれています。
PAはProtection Grade of UVAの頭文字をとったものです。
紫外線A波の遮断効果を表すものがPAです。
PAは最も効果が高いものになります。
また、SPFとも書かれています。
SPFはSun Protection Factorの頭文字をとったものです。
紫外線B波の防御力を表すものがSPFです。

クリーム、ジェルなど、種類ごとの特徴については、クリームは保湿力が高いものになります。
乾燥肌の人も安心して付けることができるものです。
パウダータイプに関しては、のせるだけの、塗るタイプが苦手というな人におすすめすることができるものになります。
肌にやさしい、敏感肌の人でものせることができるものです。
ローションタイプに関しては、最も肌にやさしいのはこのローションタイプです。

その使用方法については、紫外線吸収剤の場合、長時間付けない方が良いかもしれません。
長時間付ける必要がある時は紫外線散乱剤を付けましょう。
SPF、PAについては、海など紫外線をたくさん浴びる所では数値が高いものを付けてください。

また、春はローションタイプなど、夏はクリームタイプなどを付けると良いかもしれません。